「海外」をテーマにした「ボクラノセカイ」というマガジンはじめます。

どうも!

今年に入ってからまだ「海外」に行ってない中村創(@soooo_nakamura)です。

明日から約1ヶ月間、noteのマガジン機能を使って、リレー形式で「ボクラノセカイ」というマガジンを始めます。

  • 外国語を学んでる人
  • 留学に行ってみたい人
  • 旅に出たい人
  • 海外に移住したい人

など「海外」に興味のある方には絶対に読んで欲しいマガジンです。

なので、ちょっとだけ画面の前のあなたのお時間いただいて、「ボクラノセカイ」を紹介させてください。

note.mu

マガジンをはじめようと思った経緯

なぜ「ボクラノセカイ」というマガジンを始めるのか、理由はただ1つ。

マガジンという形で他の人と協力して何かを生み出す経験をしたかったからです!いつだって理由は「僕がやりたかったから」でしかありません。

そうなった時、僕の個性をより活かせることは何かと考えたら「海外」というテーマが思い浮かびました。

Twitterで僕をフォローしてくださる方も海外にすごく興味があったり、僕の友達にも海外に縁がある人が多かったんですよね。

「海外」というテーマを決めてから、協力してくれるメンバーを募集し、結果的に僕以外に4名の超個性的な人たちが集まりました。

※たくさんのご応募があり、ご一緒できなかった方にはお断りする形になってしまい申し訳ないです。また何処かのタイミングで一緒に何かやりましょう!

 

超異色な経歴を持つ5人のメンバー

まず1人目は、ザンビアで青年海外協力隊として働くRunくん@zambian_run

新卒でザンビアで先生をしている経歴を持ってる人はなかなかいないのではないでしょうか…笑

シングルマザーの彼女さんがいたり、顔面麻痺になった経験があったり、「教育」というテーマ以外にもたくさんのネタを持っています。

少なくとも僕の周りにはこんな人はいません!(いい意味で)

ブロガーとしても活躍しています!

2人目は高校卒業後アメリカの大学に通っているYukaさん@Summer0896

現在住んでいるシアトルでは、先生の許可を取り、授業をスキップし、デモに参加するような環境だそうです。

日本ではなかなか起こりえないことですよね。最近のハッピーな出来事はバスの運転手と仲良くなり、飴とバッジをもらったことだそうです!

ほっこり!

3人目はSummerちゃん(@summer0804ntk

ニューヨークに滞在し、ダンサーとして駅中で踊ったり、バトルに参加したりしています。ニューヨークと東京の2拠点生活も実践していたりします。

そしてTwitterの肩書きはプロ女体。個性強すぎですが、動画を見るとエロさえも芸術に感じます。

4人目はBuntaくん@BuntaIshikawa

去年2017年から今年にかけて世界一周の旅をした渡航28ヶ国のバックパッカー。

彼とは僕も去年から友達なのですが、エネルギーがありすぎて、一緒にいると勝手に笑顔になれます。

現在は「旅で世界を、もっと素敵に。」を合言葉にしているTABIPPOの東京代表をしています。

そして5人目が、この記事を書いている中村創@soooo_nakamura)です。

フロリダのディズニーで5ヶ月間キャストとして働いてました。

ニュージーランド、スペイン、ポーランド、アメリカ、そして日本人の僕という超多国籍な寮に住んだり、日本のディズニーとの違いに戸惑いながらも働いたりしていました。

最近は、ゲストハウスを作ろうとしていますがどうなるかわかりません。笑

ディズニーで学んだ。サービス業の本質は相手の立場に立って接客することだ。 – くりえいと

毎週お題が変わります。もしかするとプレゼント企画も?

今回のマガジンは月〜金まで日替わりで1人ずつ、記事を書いていきます。

明日から始まる1週間のテーマは、「はじめての海外」

海外経験豊富な5名のはじまりはどこなのか。

僕自身も他のメンバーの文章はまだ読んでないので1読者として楽しみにしています。

それが今週というか明日からの5日間の話。次の週のお題はTwitterのアンケート機能を使って決めようと思うので、まだ未定です。

あともしかすると「海外」にまつわるプレゼント企画をするかもしれないし、しないかもしれません。

きっと、成るように成るはず!笑

ではでは、「海外」をテーマにしたnoteマガジン「ボクラノセカイ」をみなさんどうぞよろしくです!ここまでお読みいただきありがとうございました!

でも1番読んで欲しいのは明日からのnoteマガジンです!笑

note.mu