勝手に働き方改革!結果発表!

勝手に自分で働き方改革をします!

そんなことを言ってから1週間が経ちました。

どうも自称働き方改革のプロ、中村創(@soooo_nakamura)です。

約1週間前の記事(色々重なって報告おそくなってごめんなさい笑)に投稿したように、イーロンマスクを参考に曜日ごとにやる仕事を分けてみました。

中途半端な僕が勝手に働き方改革をしてみる。 – くりえいと

 

先に結果をお伝えすると、かなり効果があり、以前よりも集中してタスクがこなせました!もちろんデメリットの部分もあったので同時にお伝えしたいと思います。

仕事が多すぎて終わらない。全部中途半端に終わってしまう。

でも大丈夫!

この記事を読めば、曜日ごとに仕事を分ける働き方で生活を変えられます!

では結果発表ー!

メリット①中途半端にならず一貫性があった。

やはり曜日ごとに分ける1番のメリットは、中途半端にならず一貫性があることです

今までの僕は、朝起きて英語やる→電車で読書→授業→昼休みにブログ→授業→電車で読書→家でゲストハウスのタスクする→カメラ本を読んで就寝。

こんな感じでとにかくいろんな仕事を1日に詰め込んでいました。

それが今では、朝起きて英語→電車で読書→昼休みにブログ→授業→電車で読書→家でブログを書く→ブログ関連の本を読んで就寝となり、やることが少なくなりました。

こうすることで今までであればブログ関連のことで終わらなかったが故に放置していたことが少なくなったり、写真のレタッチを一度に終わらすなど、中途半端なことが減りました。

かなり効果的です。

メリット②より集中して効率よく取り組めた。

人間複数のことをやろうとすると集中力が低下するもんです。

一方で1つのことをやると、他のことを考える必要がないのででした。

今日はブログだけ気にしておけばいい、明日はゲストハウスのことだけ、そういう気持ちでいることができるので心があっちこっちにいかずにすみます。

エネルギーを1つのことに費やせるからこそできることですね。

いつもより集中力が高まっている感覚がありました。

しかしメリットだけではありません。もちろんデメリットもありました。

デメリット①:他のタスクが入ってくると予定が崩れる。

学生だと、突如課題が出されることがよくあります。

そういう時は卒業のための単位取得のためにも課題を優先しなければなりません。

簡単なものだといいですが、長期で調査のいるものだと一気にやれずかなりめんどくさかったです。

終わらせようと思っていたタスクの予定が崩れることもありました。

これはもちろん曜日ごとに分けた場合だけの話ではありませんが…笑

デメリット②:単純に飽きる。

非常にシンプルなデメリットなのですが1つのジャンルだけやろうとすると飽きます(笑)

特に自分のような飽きっぽい人間(いい意味でいうと好奇心旺盛!)は1つの物事に取り組むことが得意ではありません。

飽きます。他のことにすぐ目がいってしまいます。

なので2ジャンルくらいがちょうどいいかもしれないです。

カメラ×読書とかブログ×他のタスクなどの組み合わせで飽きないように振り分ける工夫も必要だなと思いました。

 

今後もこの働き方を実践していきます。

とりあえず1週間限定で取り組んでみようと思ったこの働き方改革ですが、想像以上に効果があると思いました。

いつも中途半端に終わるのが嫌だったのですが、このやり方だとその日は基本1-2つのことに集中することができます。

しかもブログ関係のことを週に2-3日しかできないとなると余計集中しなければいけないという責任感も芽生えます。

だからこそ今後も継続してこの曜日ごとに仕事を割り振っていく方法を実践しきます。

・色々なことに挑戦している人
・好奇心が旺盛すぎる人
・仕事が中途半端に終わってしまう人
・効率を上げたい人

このどれかに当てはまる人はぜひ一度挑戦してみてくださいね!

中途半端な僕が勝手に働き方改革をしてみる。 – くりえいと