【オススメ】パワーポイントで自己紹介シートを作成したら超便利だった!

イベントに参加する際や新しいサロンに入った時に困ることがあります。

自己紹介どうしよう…

何を書けば良いのかわからない。
正直文字を打つのめんどくさい。

そんなあなたに朗報です。

パワーポイントでA4サイズの自己紹介シートを作成すると超便利なことが発覚しました。

今回は、そもそもどんなものなのか、何を書けばいいのか、注意する点、この自己紹介のメリットを紹介します。

実際にパワポで自己紹介を作成してみた

僕もパワーポイントを使用し、実際に作ってみました。

それがこちら!

 

f:id:sodesu11travel:20171208184035j:plain


これを見たら、だいたい僕がどんな人で、現在何をして、、将来的な展望も簡単にわかっていただけるように設計しました。

自分の場合は、「中村創 プロフィール」で検索してもらうとこのプロフィール記事にたどり着くので非常に便利です。
中村創のプロフィール – くりえいと


ブロガーやカメラマンなど自分のHPを持っている人にとっては、かなり使い勝手のいいものになるのではないでしょうか。

友達はこんな感じで作成してました!個性が出ますね!

 

f:id:sodesu11travel:20171211200007j:plain

張本 舜奎 / shunkei (@x0ver3) | Twitter

 

f:id:sodesu11travel:20171211195514j:plain

手嶋シンゴ / Singo Tessi (@SingoTessi) | Twitter

作成の際に気をつけるといい点

  • デジタルで作成する
  • 写真や絵などの視覚情報はマスト
  • シンプルな構造の方が見やすい
  • 相手への読みやすさを配慮する
  • 文字はフォントと色のパターン数を2,3個までにする
  • 伝えたいことは目立たせる(文字装飾、大きさ、枠、他要素とのバランス、位置)
  • 連絡先、SNSIDいれるといい
  • 名前にはふりがなを振っておく
  • 過去・現在・未来の要素を含める

ざっとあげてみた感じこの9点ですね。

友人とも一緒に作成し、出てきた注意点でもあるのでかなり精度は高いと思います。

自己紹介の作成方法

作成方法になんの秘密もありませんが一応お伝えします。

唯一、自分の全身写真を切り取るためにフォトショップを利用した以外は全てパワーポイントです。

今回はA4だったので設定でサイズを変えてから作成し始めました。

ファイル>ページ設定>スライドのページ設定>A4サイズに変更

するだけです。一瞬で終わります。A4にした理由は単純によく使う大きさですし、縦横のバランスがいいというのがあげられます。

サイズを変更した後は、基本的な図形や線、色を使ってデザインをしていきます。

ちなみにデザインに関しては、ノンデザイナーズデザイナーブックというデザイン本を読んで勉強しました。

デザイン経験がない人にもオススメの本です。

created by Rinker
¥2,354
(2018/10/21 06:23:59時点 Amazon調べ-詳細)

実際にオンライン上の自己紹介で使ってみてわかったメリット

せっかく時間をかけて作成したので実際にオンライン上の自己紹介で使ってみました。

  • 会ったことなくてもどんな人かわかっていい!
  • 書いてある言葉を見て、もっと話したいと思った!
  • 見やすくてわかりやすい!

といったご意見をいただきました。

使い回しもできるのでかなり時間対効果は高いと思います。

作ってよかった!

パワポで自己紹介を作成して最初から目立とう!

このパワポでA4サイズの自己紹介シートを作成すると、使いまわすことができ、作成する過程で自分のどの部分を見せるのか考えるいい機会にもなります。

内省しながら形として残り、自己紹介をより便利にしてくれます。

大体1時間で完成できるので、様々なイベントに行く方やサロンに所属しようと思っている方、自己紹介をするタイミングが多いと思ってる方などにぜひ作成してみてください!

自己紹介をもっと便利に!そして目立ちましょう!

時間対効果は最強ですよ☆

パワポ資料をより効果的にしたい方はこちら!

見やすいプレゼン資料の作り方を学ぶことができます。