中村創について

「応援する人」中村創のこれまでとこれから

中村創(なかむらそう)/ 「応援する人」

挑戦する人や頑張ってる人を無条件に「応援する人」です。
大学生 (休学)×フリーランス(ブロガー)×事業家 (2018年都内でゲストハウス運営予定)の3つの肩書きを持っています。
大学生に入ってからは、バックパッカーで日本と東南アジアを中心に放浪→フロリダディズニーのキャスト→京都で10日間瞑想→プロブロガーを目指す→大学休学と自分でも予想できない人生は非常に楽しいです。

今の僕が一番ブログで伝えたいメッセージ

僕は、「人生のレールから外れるべき!」とか「大事なのは発信力だ!」といったことを伝えたいブロガーではありません。もはや自分のことをブロガーだと思っていません。「応援する人」です。

ただ、とにかく頑張ってる、挑戦する人の背中を押してあげる存在になりたい!そんな思いで文字を綴り、記事を書いています。

そして同時に、自分自身も周りに応援されるような人になるため、日々挑戦し、その記録のためのブログでもあります。

困ったときは助け合いましょう。応援しましょう。嬉しいことがあったら喜びを分かち合いましょう。そんな世界を優しい世界を創り上げていけたらと思います。

読者の方々。どうぞよろしくお願いいたします!

※2018年4月13日更新

生まれてから天才に出会うまで

199741日、周りの人がエイプリルフールで嘘をついて楽しんでいる中、千葉県で生まれました。

f:id:sodesu11travel:20180416200004j:image

一人っ子のために親の愛情を独り占めできる、恵まれた生活を過ごしてきました。

幼稚園の頃は早生まれで小さくて泣き虫だった僕も小学生になり体力もつけ始め、様々なことに挑戦。

水泳、サッカー、英語、ピアノに入れ違いで取り組みましたがどれも1年程で辞めてしまうほど落ち着きがないけど好奇心旺盛な子でした。

いろんなことにやりすぎてピアノの楽譜を先生の目の前で破り捨てたり、授業態度が悪くて廊下にガチで立たされた話は秘密です。

小学校時代は長期休みの度に、家族と国内旅行に行っていました。小学4年生時に初の海外旅行としてハワイに連れて行ってもらいました。英語は話せないけど心で通じ合えるという学びもえたのもこの時です。

そんな僕ですが、小学校5年生にある天才と出会い人生を変えられます。その天才とは、新たに小学校に赴任してきた音楽の先生のことです。

この先生が本当にすごい。吹奏楽部を他の小学校で日本一に何度もしたことのあるカリスマ指導者でした。その勢いのまま、予期せず吹奏楽部に加入。

その結果、小学校6年生の時に全国優勝ディズニーシーでの演奏などあらゆる賞を総なめする経験を味わいました。

短期間で結果を出す。編曲して演奏自体を最高のものにしてしまう。ああ、天才っているんだなと実感した小学生時代でした。

逆シンデレラストーリーを味わった魔の中学時代

小学校を卒業し地元の中学に進学した僕はサッカー部へ入部。

周りは経験者、自分はほぼ初心者という環境の中で頑張ってみた結果、体に限界がきたのか腰を痛めてしまいます。

めちゃめちゃ頑張ってみたと書いたのですが、人生で一番頑張ってた時期でした。頭の中はとにかくサッカーの事ばかり。朝練の前に30分以上自主練し、学校ではサッカーの本を読み、帰ってからも自主練。サッカー小僧でした。

腰痛は、本当にひどくなると走れなくなるくらい痛みが出るんです。諦めきれない僕は、2ヶ月やって1ヶ月休むといった体の状態の中で最後の総体でレギュラーを獲得。

1試合目にスタメンで出るも途中交代し、監督に「お前を使わなきゃよかった」と罵声を浴びます。これは本当に記憶に残っていて、一生忘れられない言葉かもしれません。

2試合目は途中出場、3試合目はベンチ外、4試合目はベンチ入り出場なしとある意味逆シンデレラストーリーを味わいました。

いわゆる挫折ってやつですね。今だったらもっと手抜きなってアドバイスする気がするけれど、サッカーを中心に置いた生活だったので、精神的ダメージも大きかったです。

そのあと若干病んで、今まで仲よかった人との関わり方がわからなくなるっていう黒歴史は3年夏から半年間続きました。

ちなみに3年夏の時にもう一度ハワイにいきました。英語を勉強したものの、全く通じない、何を行っているかわからないのが悔しすぎて英語学習に本気になりました。

この時からいつしか世界一周に行くということを漠然と考え始めていました。

予想外の展開を迎える高校時代

挫折の悔しさをバネにサッカーがわりかし強い地元高校に入学。

しかし、その時もまだ腰が痛いために病院に行くと「分離症」との診断。簡単に言えば剥離骨折でした。

あれだけ入学時に燃えていたのにも関わらずコルセットをつけ、上半身の筋トレしかできない毎日。

サッカー部ではなく小体育館にいる卓球部と時間を共にしていました。もはや卓球部なのではないか。そう思ったこともあります(笑)

ようやく夏休み明けから練習に参加するも腰痛は治らず、限界を感じ退部。

そのタイミングでチームメイトの1人がギターを始めていて親に「ギターやってみたい」と言ったところまさかの叔父さんの家にあり、ギターを始める謎展開へ

挙げ句の果てに全くギターなんて興味がなかったはずがバンドを結成。現代音楽部として活動をしました。

f:id:sodesu11travel:20180416200038j:image

この頃から自分の好きなことをする楽しさに気付き始めていました!

大学入学後に念願のバックパッカーデビュー!

23とバンドをしていて、時間にゆとりがあったために予備校通いの日々。

英語が好きだったので外国語の学部のパンフレットを漁るとフロリダディズニーワールドインターンシップ留学がある学部を見つける。

その学部こそ、現在私が通っている明治大学国際日本学部です。

合格点ギリギリで入学したあとは、大学生らしくサークルに入り新歓に行き、バイトを始めました。

夏休みは東南アジアに位置するタイ・ラオスへバックパッカーとして旅をし、ゲストハウスに興味を持ちました。宮城の震災ボランティアも経験。ヒッチハイクもこの時期に挑戦。

とにかく何事も新鮮で楽しかったです。旅は毎回違った気づきを与えてくれて、いいですね。

伊勢谷友介さんとの出会いが人生をいい方向に変える

そんな普通の大学生活を送っていた僕の一つの転機が、俳優の伊勢谷友介さんが主催する再松下村塾というイベントでした。

そのイベントで出会った考えが。「自分のなすべきことを決めて、力の限りを尽くすこと」という意味があり、人生をかけて達成したい目標とも言い換えることができます。

何か旅をしても満たされない、物足りないと感じていた僕は、気づきました。きっとまだ人生をかけて成し遂げたいことが見つかってないんだ…

そこからはやって見たいと思った気持ちにより従うようになりました。オリジナルウェディングの会社でインターンしたり、ちょっと意識高めなイベントに参加したりと、ビジネス的な方面に興味を持ち始めたのもこの頃です。

フロリダへ、そして10日間の瞑想、農業!

f:id:sodesu11travel:20180413180930j:image

2016年、大学2年の夏には、入学時の目標だったフロリダ、ディズニーワールドのインターンシップ留学に参加。
インターンシップ留学!誰でもフロリダディズニーで働ける3つの方法! – くりえいと

1つ目の職はとにかくいつも混雑しているようなパーク内のレストランのホール、2つ目はディズニーで一番高いホテルの中にあるお土産屋さんで笑顔が素敵な(自称)お兄さんをしていました。

f:id:sodesu11travel:20180413181307j:image

世界中の友達ができ、ある意味世界って変わらないなあと思った5ヶ月でした。
ディズニーで学んだ。サービス業の本質は相手の立場に立って接客することだ。 – くりえいと

帰国後、成人式を迎え、京都で10日間のヴィパッサナー瞑想に挑戦。誰とも喋れず、電子機器もいじれず、12時間以上瞑想をするという過酷すぎる環境を乗り切りました。

これ以上、忍耐を必要とする経験はない気がします

その後はタビイクという企画でタイを訪れ、運動会をしたりして遊んでました。ダイビングライセンスも取得しました!

また3月には北海道帯広市で農業を体験。ビートという砂糖の原材料の苗づくりを体験。まあとにかく帰国後も興味のあることに手を出しました。

4月1日には自主開催誕生会と題して、勝手に自分の誕生会を開催しました。最高に幸せだった〜!!!

f:id:sodesu11travel:20180413181002j:image

怒涛の大学2年生でした。

2017年7月末プロブロガー沖ケイタさんのハイパーアシスタントに任命

f:id:sodesu11travel:20180413181229j:image

もともとブログはやっていたのですが、半年で10記事くらいしか書かないクソ怠惰なブロガーでした。

そんな時に個人株式でやり取りをするVALUというサービス経由でプロブロガーの沖ケイタさんをTwitterでフォローしたところ、アシスタントを募集していることに気づき、応募。

喋りやすいからという理由で、ハイパーアシスタントに選ばれ、そこからブロガーを名乗って活動しています。

いきなりカブトムシを食わされましたが、今現在も楽しくアシスタントをしています。

f:id:sodesu11travel:20180416205844j:image

ブロガーとしては2018年4月にイケダハヤトさんにスポンサーになっていただいたり、今度は僕がスポンサーになったり、ブログ拡散企画をしてみたり、#本お兄さんをしたりと面白そうなことをやっています。

突然ですが、イケダハヤトさんにスポンサーになっていただきました! – くりえいと

頑張ってる人を応援したら、逆に僕が感動をもらった話。 – くりえいと

2018年9月ゲストハウスTakuandオープン予定

f:id:sodesu11travel:20180413181105j:image

今年の9月に、日本のアニメや漫画といったポップカルチャーをコンセプトとしたゲストハウスをオープン予定です。

国籍を問わず人が繋がり、一生忘れられない記憶をつくれるような空間を創れればいいと思っています。

現在進行中のプロジェクトなので、今後どうなるかわかりませんが、ぜひオープンを楽しみにしていてください!
2018年夏にゲストハウス「Takuand」をオープンします! – くりえいと

プロブロガーとしての活動できるようにする。

もう1つは単純に生計をブログだけでたてることができるプロブロガーに2018年度中になれればと思っています。

ですが、「応援する人」の肩書きの通り、誰かの背中を押せる記事や挑戦を後押しできる記事を多く書いていきたいです。

最近はたくさん企画をやっているので、月1くらいのペースでもらった恩を誰かに還元する恩送り企画ができたらと思います!

ここに本お兄さん参上!読みたい本で人生ちょっと変えちゃおうよ! – くりえいと
頑張ってる人を応援したら、逆に僕が感動をもらった話。 – くりえいと

そんな温かくて価値を与えられるブロガーになりたいですね。

応援して、応援されて生きていく

僕にはやりたいことがたくさんあります。

世界一周もしたいし、クセの強すぎるホテルも作りたい。
オンラインサロンもやりたいし、就職して会社で働く経験もしたい。
結婚して、子供が生まれて、成長して。そんな一般的な幸せも味わいたい。

とにかくやりたいことは尽きません。欲張りでいいと思っています。

そして、挑戦する人は応援して、自分も応援されて。人間的に魅力的な人間になってたくさんの人の大切な存在になれたらなと思います。

温かい目でブログを見守っていただけたらと思います。最後までお読みいただきありがとうございました!