まず最初に読んで欲しいプロフィール
                  

「ごめんなさい」と心の中で唱えながらフォローをそっと外した

最近Twitterを見て疲れはじめてしまいました。

以前だったら魅力的だったブログなどで収益を稼ぐ新しい働き方を推奨するツイートに疲れてしまったんです。

特定の誰かを傷つけるとか批判する気は全くなくて、ただただ疲れてしまっただけです。

そんな時、栃木SCでお世話になっている江藤さんからコメントいただき

そう
そう
いやもう正論すぎるじゃん。なんか他の人のせいにするなよ俺!

となりまして、400人ほどいたフォローを130人に減らしました。言われてみればど正論すぎるので、先に情報整理しなかった自分の頭が心配です。

https://twitter.com/etomiho/status/1080668447661387777

フォローしてる方のフォローを外す機会はあまりないので、その時感じた想いとかプロセスを書いていきたいと思います。

情報に渦に巻き込まれて疲れてしまっている人は参考になったら嬉しいです。

SNSの相互フォローは見えない絆が存在する

Twitterのフォローを外す前にこんなことを考えました。

こう思ったのには理由があります。今から数ヶ月前、以前から相互フォローしていた方にフォローを外されたことがありました。

その人にとって僕のツイートは有益でもなく、興味関心も違うので、外されたことに関しては好き嫌いとは関係のないものだと思うのですが、正直、ちょっとだけ悲しかった。なんかわからないけど悲しかったんです。

 

Twitterの相互フォローには見えない絆みたいのがあって、それを引き離されたと思ってしまったからかもしれません。

だから自分もフォローを外すとき、なんだか向こうは自分のことを気にしてくれてるのに一方的に裏切るみたいな。そんな感覚がありました。

心の中で「ごめんなさい」と唱える。

これは僕のアカウントなので、誰をフォローしようが外そうが法的問題があるわけでもないし、責められる必要もないのですが、相互フォローしてくださった方のフォローを外すのには若干の申し訳なさもあって。

決して好きとか嫌いとかそういうのじゃないんです。

ただ自分の興味が、新しい働き方とかブログからクリエイターとか衣食住とかそういうのに変化しただけで。

 

でも、フォローマークを外す度にその人との関係を振り返ったりして、申し訳ないなく思い「ごめんなさい」と心の中で唱えていました。

だからこの記事を読んでくださっていて、たいしたことない中村があなたのフォローを外していたら本当すみません。勝手にサブアカウントを作ってそっちのタイムラインで今後の動向をみていければと思います。

あなたはそのまま僕をフォローしてなんて言うつもりはないので、興味がなければそっとフォローを外しておいてください。

タイムラインが煩わしいなら自分のアカウント環境を変える

最終的にフォローを外し続け、130人になりました、現時点ではほとんど見て疲れるような内容は流れてきません。

同時に自分がどんな内容に興味を持っており、どんな人をフォローしたいと思うのかを振り返るいい機会でした。

 

ちょっとこの記事を読んで自分のアカウントをどうしようか考えた人の中に、フォローを外すのを気にしてしまう人がいるかもしれません。

でもタイムラインを見て、ストレスを感じたり、落ち込むよりも自分がフォローする人の基準を設けて、欲しい情報を得ていく方がお互い有意義です。

SNSが人間関係をうつすパラメーターのようになり、オンラインだけでなくオフラインにも影響する。恩恵はたくさん受けてきたけれど、インターネットの世界でもずっと繋がっている必要がある。ちょっとだけ大変だなとも思いました。

 

せっかくのお正月休み。目標をたてるのもいいですが、自分の身の回りの情報を整理してみるのも有意義な時間になるかもしれません。

今後はフォローの上限を150人と決め、どこかのタイミングで振り返るようにしたいと思います。

 

アカウント整理をしてこんなところが変わったよ!というのがあれば教えてくださいね!

ではまた!