ヒッチハイクに最低限必要な持ち物は5つだけ!【初心者向け】

ヒッチハイクをやってみる決心はついたけど、何が持ち物で必要なのかわからない…

こういった疑問を解決するために最低限必要な持ち物を5つ紹介します。

本記事の内容

・ヒッチハイクをする際に最低限必要な持ち物

・なくてもいいけれど、持っておくと便利なもの

・旅行も兼ねているならこの持ち物も必要!

この記事を書いている僕は、合計ヒッチハイクを30回挑戦し、うまくいかなかったことは1回と成功率約97%です。

ヒッチハイクそのものについては、こちらの記事をどうぞ。
経験者が語る、ヒッチハイクを絶対すべきでない5つの理由【危険】

ヒッチハイクに最低限必要なものは全部で5つですが、それぞれなぜ必要なのか明確な理由があるので合わせて説明させていただこうと思います。

しっかりと準備をして、ヒッチハイクを無事成功させましょう!

最低限必要なもの5つ!

スマートフォン

最近の時代で、スマートフォンを持っていかないという選択はないと思いますが、絶対に必要です。

連絡を取るのはもちろんですが、一番の使い道はいま自分がどこにいて、どういうルートで目的地を目指すかをわかるようにするためです。

全国の地図を買って、アナログ的に調べるのもいいと思いますが、圧倒的にiPhoneのMapやGoogle Mapで調べたほうが早いです。

ヒッチハイクで降ろしてもらう馴染みのない地名を検索するときにも、必要なのでフル充電して持っていきましょう!

財布

ヒッチハイクをしていると、ご飯をご馳走していただいたり、飲み物をいただいたりすることがあります。

そのお礼にお金を払う必要はありませんが、ヒッチハイクがうまくいかなかった時のために必要です。

ヒッチハイクをすることが目的であれば問題ないですが、ヒッチハイクをして、どこかに行かなければいけない予定がある場合は、最悪高速バスや電車、新幹線を使わなければいけない可能性もあります。

持ってるに越したことはないので、最低限のお金は持っていきましょう。

僕も使っていますが、グレゴリーのコインケースは小さくて邪魔にならない大きさなので便利です!

created by Rinker
GREGORY(グレゴリー)
¥1,944
(2018/08/15 22:22:57時点 Amazon調べ-詳細)

普段使いのいいコンパクトな財布のオススメはabrAsus

created by Rinker
abrAsus(アブラサス)
¥9,900
(2018/08/15 22:22:58時点 Amazon調べ-詳細)

スケッチブック

ヒッチハイクで目的地を掲げるために必要なのが、スケッチブックです。

できるだけ大きいサイズがオススメ。薄い紙だと風に煽られてヒラヒラして、見えにくいので、スケッチブックがベストでしょう。

何より、スケッチブックを掲げているだけで、「うわー!ヒッチハイクやってるよー!!!」っていう気分になります(笑)

created by Rinker
maruman(マルマン)
¥373
(2018/08/15 22:22:58時点 Amazon調べ-詳細)

マジックペン

スケッチブックと共に忘れてはいけないのが、マジックペンです。

パーキングやサービスエリアなどでヒッチハイクをする場合、近くのお店にマジックペンが売ってない可能性もあるので前もって買っておきましょう。

created by Rinker
ZEBRA(ゼブラ)
¥97
(2018/08/15 22:22:59時点 Amazon調べ-詳細)

できるだけ太いマジックの方が、ドライバーさんに見やすい文字を書けるのでオススメです。

何色か文字が目立つように使い分けるのもありですね。

created by Rinker
ZEBRA(ゼブラ)
¥738
(2018/08/15 22:22:59時点 Amazon調べ-詳細)

リュック

正直あってもなくてもいいです。(笑)

手ぶらで気軽にヒッチハイクをしたい人はなくていいと思います。

リュックの大きさは、旅の期間で決めてください。

もし1週間以上の長期旅行であれば、バックパッカーも使うような40L以上のバックパックのほうがいいですし、2-3日だけなら友人の家にお泊まり行けるようなナップザック的なリュックにするのがいいでしょう。

なくてもいいけどあった方がいいもの4つ!

ここまでヒッチハイクをするにあたって最低限の持ち物を紹介しました。

せっかくなので、なくてもいいけど、あったらいいと思う持ち物もご紹介しますね!

折りたたみ傘orカッパ

夏に挑戦する方は夕立の可能性もあるので、折りたたみ傘もしくはカッパを持って行くことをオススメします。

濡れてる人をドライバーさんは乗っけたいと思わないので、雨が降るかもしれない可能性がある場合は持っていて損はないと思います。

ただし、雨の中で乗せてくれる人を探すこと自体が大変(ドライバーさんがスケッチブックの文字読めない。濡れてる人を自分の車に乗っけたくない)なので、雨の日はやらないに越したことはないです。

1年間の保証付の最強折りたたみ傘

アウトドアにも使えるレインウェア

モバイルバッテリー

最低限必要なものの中にスマートフォンと入れましたが、電源がなくなると何もできないただの機会になってしまうので、モバイルバッテリーもできれば持っていきましょう。

僕の場合は、あまりに捕まらないときはYouTubeやゲームをしたりして気分転換をするので、充電を気にすることなくいじることができます。

超大容量!長期旅の人はいいかも!

口紅サイズの超小型バッテリー

タオル

あとは、夏にやるならば汗を拭くためのタオルもあった方がいいかと思います。

汗だくよりも、まだしっかり拭いている人の方が印象がいいですし、乗せやすいですからね。

荷物になるのが嫌な人は、スイミング用のタオルが圧縮できすぐ乾かせて超絶便利です。

スイミングタオルさえも嫌な人は、使い捨ての汗拭きシートを使うという選択肢もあります。

ヒッチハイク持ち物まとめ

ヒッチハイクをするにあたって必要な持ち物を把握することはできましたか?

最低限必要なものとしては、

スマートフォン
財布
スケッチブック
マジック
リュック

なくてもいいけどあったほうがいいものは、

折りたたみ傘orカッパ
モバイルバッテリー
タオル

です。

ほとんど家の押入れを探せば見つかるグッズでヒッチハイクを始めることができます。

何なら本当に最低限必要なものだけ持てば手ぶらでもできますしね。

問題があってもすぐに対応できるように、今回紹介したものは最低限の荷物は持って安全で楽しいヒッチハイクにしましょう!