“発信力”は”人間力”がないと使いこなすことはできない。

最近のTwitterをみていると発信力をつけたいと思ってる人がたくさんいます。

紛れもなく、僕自身も発信力をつけたいと切望している1人です。

ただ思考を深めて行くと、発信力をつける前にもっと大切な力があるという結論にたどり着きました。

人間力です。

この記事を読めば、発信力と同じ以上に人間力を伸ばそうと思う可能性が高いです…!

人を裏切り続けると信用がなくなる

これは、最近の自分が痛感していることです。

僕は、自分を追い込みたい性格なので、かなり無謀なゴールを設定して周りに宣言してしまいます。

去年には物件が決まってないのにも関わらず、ゲストハウスをオープンさせますと宣言したものの失敗。

今は、2019年3月に月収50万円に到達しなければ、ブログ消しますとまで言っています。

このような宣言をするたびに、応援してくれる人、フォロワーが増えます。つまり発信力自体は増えてるんですね。

しかし、僕はあれだけ多くの人に応援していただいたのにも関わらず、ゲストハウスに関してはフォロワーの方を裏切る結果になりました。宣言したにも関わらず、達成しなかったので、信頼は落ちたでしょう。

僕は、発信力と引き換えに、人としての人間力を失ったのです。

人間力がないと発信力をうまく使いこなせない

個人的に発信力はかなりテクニック的なところがあると思っています。

会社のCEOとして実力のある方でもTwitterのフォロワーは少なかったり、社長さんと比較したら実力がない学生の方がフォロワー多い場合もあります。

発信力はテクニック的なところが多いからこそ、人間力がない(嘘つき・人によって態度を変える・人の悪口を言う)と化けの皮が剥がれ、一気に魅力のない人間になってしまいます。

逆にインフルエンサーとして1万人や10万人以上超えてる人は基本的に人間力があるから、発信力を使いこなせているのではないでしょうか。

現実では人に信用されていないけれど、ネットでは有名と逆ジキルとハイドのような人間になってしまいます。

人間力と発信力は共存して持つことができる

今回は、自らの失敗を踏まえて、発信力より人間力が大切だという結論に至りました。

ここまで人間力と言ってきましたが、その定義は人それぞれでいいと思います。

優しさ、勇気、責任感、思いやり…

このような人間として素敵だ・立派だと思えるものが人間力です。

発信力を鍛える以上に人間力をつければ、人に尊敬・信用され応援される人間になります。そして発信力があるので、もっと自分のやりたいことに人を巻き込むこともできます。

発信力と人間力はどちらか一方ではなく、共存できるのです。

僕は、人間力が磨かれた人は、自然と発信力(ネットだけの世界に限らず)も鍛えられると考えています。

だからこそ、発信力と同じくらい、いやそれ以上に人間力をつけて応援されつつ、自分のやりたいことを周りを巻き込んで実行することができる人間になりましょう!

ps:僕は、京セラの稲盛和夫さんが書いてる本に人生で大切なことはだいたい書いてあるなと思ってます。

「生き方」「考え方」

created by Rinker
¥1,836
(2018/08/16 12:07:58時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,620
(2018/08/16 08:30:16時点 Amazon調べ-詳細)

上記2冊は、人生哲学を持つ上で参考になるので、人間力を鍛えようと思われた方は一読されることをおすすめです!